不動堂


不動堂の地図情報☜

不動堂について

伽藍に現存する最古の建造物。平安期の上流住宅建築様式をもつ古建築として有名なこのお堂は、国宝に指定されている。本尊の不動明王立像とともに祀られていた八大童子像は運慶の作で、これも国宝に指定されている。(現在は霊宝館に安置。)。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒648-0211 
和歌山県伊都郡高野町高野山

電話番号

交通アクセス

(1)高野山駅からバスで10分

すべての基本情報を見る

動堂明王院は、関西地域にある院です。この院は、明治天皇が設立した動堂の一つで、明治天皇の陵墓とも呼ばれています。院内には、天皇の陵墓と明治天皇の階段があります。また、動堂の外には、天皇庭という図書館があり、ここには、天皇の陵墓以外にも、明治天皇が関わった様々な制度についての図書が並んでいます。動堂明王院は、関西地域にある院で、お勧めの観光スポットとして挙げられています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。