奥石神社


奥石神社の地図情報☜

奥石神社について

この森の奥深い所に「奥石(おいそ)神社」が鎮座する。
国道8号線より旧中仙道に入り石の鳥居をくぐり 両側に杉の大木が林立する参道を100mほど進むと、正面に奥石神社の社殿が立ち並ぶ。
玉砂利が敷き詰められたゆったりした境内に入ると、静寂そのものの別世界である。
延喜式内社で、御祭神として「天児屋根命」(あめのこやねのみこと、をお祀りしている。

伝説では、日本武尊(やまとたけるのみこと)を危機から救うために、妃の弟橘姫命(たちばなひめのみこと)が身代わりになって荒海に身を投げたが、そのとき懐妊していた妃は、波間に消える前に自分は老蘇の森に留まって女人安産を守ると言い残したといわれている。この話から、奥石神社は安産の神として広く信仰されている。

本殿は天正9年織田信長が家臣柴田家久(勝家の一族)に命じて造営せしめたもので 国指定重要文化財。三間社流造で、桧皮葺の豪華の中に優美な落ち着きを持った建造物である。境内中央にどっしりした拝殿、本殿に向かって左には摂社諏訪明神社(市指定文化財)が鎮座する。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業時間:9:00~16:00 社務所受付時間

所在地 〒521-1332 
滋賀県近江八幡市安土町東老蘇1615

電話番号

0748-46-2481

交通アクセス

(1)安土駅から車で15分

(2)安土駅から徒歩で50分

すべての基本情報を見る

奥石神社は、関西地域にある神社で、奥石を祀った神社です。奥石神社は、奥石を祀るために、山に登った霊廟とされています。その霊廟から離れた場所にある神社です。奥石神社は、関西地域にある神社の中でも、特に奥石が多く祀られている神社です。奥石神社は、奥石を祀るために山に登った霊廟とされています。その霊廟から離れた場所にある神社です。奥石神社は、関西地域にある神社の中でも、特に奥石が多く祀られている神社です。奥石神社は、奥石を祀るために山に登った霊廟とされています。その霊廟から離れた場所にある神社です。奥石神社は、関西地域にある神社の中でも、特に奥石が多く祀られている神社です。奥石神社は、奥石を祀るために山に登った霊廟とされています。その霊廟から離れた場所にある神社です。奥石神社は、関西地域にある神社の中でも、特に奥石が多く祀られている神社です。奥石神社は、奥石を祀るために山に登った霊廟とされています。その霊廟から離れた場所にある神社です。奥石神社は、関西地域にある

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。