安楽寺(奈良県御所市)


安楽寺(奈良県御所市)の地図情報☜

安楽寺(奈良県御所市)について

6月中旬頃、境内には沙羅双樹(夏椿)が美しく咲く。
高野山真言宗。もとは法相宗で、ご本尊は十一面観音が安置されています。境内に大日堂といわれる三重塔の初層が残り、葛城寺縁起によれば、延宝年間(1673~81)に三重塔の九輪が墜落し、上の二層を失って下層のみをとどめたという。
同寺は、鎌倉時代の建立とみられ、中世三重塔の一例として保存され、「安楽寺塔婆」として国の重要文化財に指定されています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒639-2258 
奈良県御所市稲宿1084

電話番号

0745-67-0154

交通アクセス

(1)葛駅から徒歩で15分

(2)京名和自動車道 御所ICから車で10分

すべての基本情報を見る

詳しくはこちらから

https://www.yamaguchikaku.co.jp/ja/article/article.php?id=233

「安楽寺」は、奈良県御所市にある寺院で、奈良県唯一の寺院である。建立は平成二十八年、解体は平成三十一年。現在の寺院は、建物のほとんどが撤去され完成したが、寺院内の様子を見ることができる撮影スペースがあり、現在は再開発を行っている。

安楽寺は、奈良県御所市にある寺院ながら、奈良県唯一の寺院として、平安時代から続く建築活動の中心となっている。建立当初は、地元の奈良の人々が寺院を建てることを目的としていたが、平安時代には、寺院内の教会や病院など、多くの建物が建てられている。

また、安楽寺は、平安時代に建てられた御所市の地下室にある。そこには、平安時代に建てられた寺院の地下室がある。この地下室を訪れることで、寺院内の様子を見ることができる。

今回紹介する「安楽寺」は、奈良県御所市にある寺院で、建立は平成二十八年、解体は平成三十一年。現在の寺院は、建物のほとんどが撤去され完成したが、寺院内の様子を見ることができる撮影スペースが

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。