木嶋坐天照御魂神社


木嶋坐天照御魂神社の地図情報☜

木嶋坐天照御魂神社について

養蚕、機織、染色技術の中心地として境内に養蚕神社がある。通称「蚕の社」。明神鳥居を三つ組合せた珍しい石鳥居がある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒616-8102 
京都府京都市右京区太秦森ケ東町50

電話番号

交通アクセス

(1)京福電車「蚕の社」すぐ

(2)市バス/京都バス「蚕の社」すぐ

(3)地下鉄東西線「太秦天神川」より5分

(4)JR「花園」より徒歩7分

すべての基本情報を見る

日本では、神社の建築は宗教的に重要であることから、かつては社の建築には国家的な関係があった。そのため、神社の建築については、国家が指導していた。しかし、近代になって、神社の建築に関する考察が、自由なものとなり、神社の建築には巨大な貢献を果たしている。

木嶋坐天照御魂神社は、関西地域にある福島県西部にある。この地域には、近世になって神道が盛んになっている。そのため、木嶋坐天照御魂神社は、神道の中心的な位置にある。また、その地域には、多くの高層ビルがあり、その中でも木嶋坐天照御魂神社は、高層ビルの中でも、最高峰といわれている。

木嶋坐天照御魂神社は、天照御魂神社としては、日本では初めての神社である。天照御魂神社は、1868年に建てられ、創立者は、天照御魂の霊堂を築き上げるために集まった福島県の神道修行者である。

木嶋坐天照御魂神社は、天照御魂神社のほかにも、霊堂、御殿、祭壇などがある。また、天照御魂神社の境内には、近世になって増えてきた神道文化に対応した住宅が数多く建てられている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。