嵯峨釈迦堂(清凉寺)


嵯峨釈迦堂(清凉寺)の地図情報☜

嵯峨釈迦堂(清凉寺)について

光源氏のモデル源融の別荘のあったところ。嵯峨の釈迦堂として親しまれている。毎年春には嵯峨大念仏狂言が演じられる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒616-8447 
京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46

電話番号

075-861-0343

すべての基本情報を見る

嵯峨釈迦堂(清凉寺)は、関西地域にある清凉寺です。嵯峨釈迦堂は、1392年に嵯峨釈迦大師が祀られたとされる、日本の嵯峨釈迦大師の修道院です。嵯峨釈迦堂は、その後、大正11年に日本国憲法に基づき、天皇陛下によって完成されました。嵯峨釈迦堂の内部には、天皇の院、天皇の尊厳の院、大正天皇の宮、天皇の哀歌の院、大正天皇の聖堂などがあります。嵯峨釈迦堂は、関西地域にある清凉寺として、関西の人々にとって、祀られた大師の修道院として、大変重要な場所です。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。