法華寺門跡


法華寺門跡の地図情報☜

法華寺門跡について

大和三門跡の一つにかぞえる清楚な尼寺。本堂には、光明皇后が蓮池を渡られる姿を写したものと言われる御本尊 国宝 十一面観音(年3回特別公開が行われ、閉扉時は御分身を拝することができます)や国宝維摩居士坐像・文殊菩薩騎士像が安置されています。また、光明皇后ゆかりの浴室がある。名園とされる庭園のカキツバタが美しい(見ごろは5月)。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観時間:8:30~16:30 (受付16:00まで)

所在地 〒630-8001 
奈良県奈良市法華寺町882

電話番号

交通アクセス

(1)JR・近鉄奈良駅からバスで14分(西大寺駅・航空自衛隊行き)

法華寺前下車から徒歩で3分

(2)近鉄大和西大寺駅からバスで10分(JR奈良駅・白土町行き)

法華寺前下車から徒歩で3分

すべての基本情報を見る

法華寺門跡は、大正10年(1912年)に建立された日本の大和慈悲寺で、太平洋戦争中に破壊されたが、1947年に再建された。

法華寺の門は、古代日本の大和の門と似ている。

法華寺には、大正10年(1912年)に建立された日本の大和慈悲寺と、1947年に再建された大正10年(1912年)に建立された日本の大和慈悲寺がある。

大正10年(1912年)に建立された日本の大和慈悲寺は、太平洋戦争中に破壊されたが、1947年に再建された。

法華寺の門は、古代日本の大和の門と似ている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。