石切劔箭神社


石切劔箭神社の地図情報☜

石切劔箭神社について

古代の豪族物部氏の祖先神、饒速日尊と、可美真手命の二柱を祀る神社です。
創建はおよそ2700年前、可美真手命(うましまでのみこと)が父神である饒速日尊を生駒山の宮山にお祀りしたことをもって創祀とし、古代の豪族物部氏の祖先神、饒速日尊(にぎはやひのみこと)と、可美真手命(うましまでのみこと)の二柱を祀る神社です。社名の「石切劔箭」は御祭神の御神徳、御神威が強固な岩をも切り裂き、貫き通すほど偉大な様をあらわしています。「石切さん」「でんぼ(腫れ物)の神様」として親しまれ、本殿前と神社入り口にある百度石の間を行き来するお百度参りが全国的に有名です。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業:祭事 4月15日・16日「春季大祭」、8月3日・4日「夏季大祭」(神輿渡御・大幣神事)、10月21日・22日「秋季大祭」 
秋の宝物館一般公開 神社所蔵の刀剣や銅鏡などの宝物をぜひご覧ください。

所在地 〒579-8011 
大阪府東大阪市東石切町1-1-1

電話番号

072-982-3621

交通アクセス

(1)近鉄奈良線「石切駅」より徒歩15分、近鉄東大阪線「新石切駅」より徒歩7分

すべての基本情報を見る

石切劔箭神社は、関西地域に位置する神社で、石切劔箭の神話をテーマにしたものです。石切劔箭は、太陽の光を奪い、人々を滅亡させるという悪魔の力を持つとされています。しかし、石切劔箭の神は、この力を倒し、人々を救うことができるという信仰を持っています。神社には、石切劔箭の神様の像や箭の芯などを設置しています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。