海住山寺


海住山寺の地図情報☜

海住山寺について

創建は天平7年(735)聖武天皇が大仏造立平安祈願のため、良弁僧正に命じて建立させたのが始まりと伝えられるが、焼失し鎌倉時代に解脱上人により中興された。五重塔は、鎌倉時代の傑作で国宝に指定されている。十一面観音菩薩立像や文殊堂、絹本著色法華曼荼羅図や海住山寺文書は重要文化財。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業:9時~16時30分

公開:2022年10月29日~2022年11月27日 09:00~16:00 秘宝秘仏特別公開2022(※五重塔≪国宝≫初層開扉は10/29~11/6まで)

所在地 〒619-1106 
京都府木津川市加茂町例幣海住山20

電話番号

交通アクセス

(1)◆JR大和路線「加茂」駅下車、徒歩60分◆JR大和路線「加茂」駅から木津川市コミュニティバス(平日のみ)で「海住山寺口」下車、徒歩約25分

すべての基本情報を見る

高山寺は、埼玉県北川市にある。古くから、神社として栄えられている。

高山寺は、山中にある。山の向こうには、海が見える。海住山寺は、海と高山の中間に位置する。

高山寺には、古くから祈祷の場として栄えられていた。

高山寺の中には、古くから祈祷の場として栄えられていた寺院がある。

高山寺は、神の訪れる場として栄えられている。

高山寺には、聖なる書、聖歌が書かれている。

高山寺は、多くの女性が訪れる場として栄えている。

高山寺は、夜間は灯を消し、光が照らされている。

高山寺は、参拝客にとって、心地よい場所となる。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。