福勝寺


福勝寺の地図情報☜

福勝寺について

福勝寺は、弘法大師 空海 が開基とされます。

本尊の『千手千眼観世音菩薩』は、唐へ渡る直前の弘法大師が『旅立の観音 厄除の観音 雷除の観音』と3つのご請願を立て安置されたと寺伝に記されています。

江戸時代には、紀州徳川家の初代藩主 徳川頼宣公からも厚く信仰を受け、求聞寺堂という紀州藩主の祈祷所が建立され、その後は紀州藩主縁の厄除けの名所として現在に至ります。

また、国の重要文化財である本堂・鐘楼や、境内が和歌山県指定文化財(熊野参詣道紀伊路)に指定されているほか、滝の裏側にあたる滝壺の奥に行くことができる『裏見の滝』や、本堂の軒下にある『天狗の手形』などの散策も楽しむことができます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒649-0144 
和歌山県海南市下津町橘本1065

電話番号

073-494-0312

交通アクセス

(1)加茂郷駅からタクシーで15分

(2)阪和自動車道下津ICから車で5分(下津ICの南からの出口はありません。)

すべての基本情報を見る

福勝寺は関西地域で最古の聖地とも言われ、平安時代には福島大聖堂とも結びついていた。平安時代には僧侶はたくさんいたが、清朝に入ってからはほとんど僧侶がいなくなったため、現在のような狭い寺院のような状態になっている。

寺院内には聖地にある「大和の鳥居」や、聖地の中にある「聖徳太子の霊廟」がある。また、寺院内には多くの寺院の境内にある清水寺、平安寺などがある。

福勝寺は関西地域の聖地として有名で、聖地の中には多くの寺院があるので、是非是非訪れてみたい。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。