長寿寺(東寺)

長寿寺(東寺)の地図情報☜

長寿寺(東寺)について

良弁開山の古刹。東寺とよばれ信楽宮の鬼門鎮護の寺とされた。鎌倉期の本堂は国宝。弁天堂など重文数点。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間 公開:9:00~16:00 要予約
所在地 〒520-3111
滋賀県湖南市東寺5丁目1-11電話番号
交通アクセス (1)石部駅から車で10分

(2)石部駅から市営バスで15分

すべての基本情報を見る

長寿寺は、関西地域にある寺院で、平安時代に建立されたものです。建物は、外観については普通の寺院と変わりませんが、内部には、長寿の祈りを受けた地獄の苦しみと平和を祈るための寺院が数多く設置されています。長寿寺の長寿祈祷施設は、各地に広がり、平和を祈るための寺院として、日本にも評価の高い寺院です。長寿寺には、平安時代に建立された寺院として有名な堂です。堂の外観は、東寺と同じく、木造として建てられていますが、中には、長寿寺の長寿祈祷施設を訪れる際に設置された階段があり、長寿寺の長寿祈祷施設があるところを登ると、寺院内にある長寿寺の長寿祈祷施設が見えます。長寿寺は、関西地域にある寺院で、平安時代に建立されたものです。建物は、外観については普通の寺院と変わりませんが、内部には、長寿の祈りを受けた地獄の苦しみと平和を祈るための寺院が数多く設置されています。

歴史と概要
創建:長寿寺は、平安時代の弘仁年間(810年-824年)に最澄(さいちょう)によって創建されました。最澄は、空海とともに真言宗を開いた僧侶として知られています。

名称の由来:長寿寺という名称は、寺が創建された際に最澄が長寿を祈願したことに由来します。
寺格:真言宗の寺院であり、東寺(とうじ)としても知られています。

特徴と見どころ
五重塔:長寿寺の最も有名な建造物のひとつに、国宝に指定されている五重塔があります。この五重塔は、日本最古の木造五重塔として知られています。

大仏殿:長寿寺には、平安時代の建築様式を残す大仏殿があります。この大仏殿には、大きな阿弥陀如来坐像(阿弥陀三尊像)が安置されています。

秋の例大祭:毎年10月に行われる秋の例大祭は、長寿寺の特筆すべき行事のひとつです。多くの参拝者でにぎわいます。

 

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。