杭全神社


杭全神社の地図情報☜

杭全神社について

貞観4年(862)、平安時代初期の征夷大将軍・坂上田村麻呂の孫・当道が素戔嗚尊を勧請して第一殿に平野郷の氏神として祀り、創建したと伝えられている古社です。
平安時代初期の征夷大将軍・坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)の孫・当道(とうどう)が素戔嗚尊(すさのおのみこと)を勧請して第一殿に平野郷の氏神として祀り、創建したと伝えられている古社です。鎌倉時代初めの建久元年(1190)には、熊野三所権現を勧請して第二殿に祀り、さらに後醍醐天皇の勅命で伊弉册尊(いざなみのみこと)速玉男尊(はやたまのをのみこと)事解男尊(ことさかのをのみこと)を第三殿に祀りました。3社殿とも、国の重要文化財です。日本で唯一連歌所が残っており、連歌会は明治以降廃れていましたが1987年に復活し、定期的に平野法楽連歌会が催されています。境内には、樹齢800年とも1000年とも言われる大クスノキ(府の天然記念物)のほか、樹齢約500年の「垂乳根(たらちね)の銀杏(いちょう)」の巨樹があります。この巨樹に願いをかけると、母乳の出がよくなったり、乳房の病が治ると伝えられています。
※イベント開催は変更になる可能性があります。詳しくは各イベントの公式ホームページでご確認ください。毎年4月13日の五穀豊穣、金運を祈願する「御田植神事」(国の無形民俗文化財)では、神から授かった「福の種」を田に見立てた拝殿で蒔く行事が行われています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業:境内自由拝観可

休業:無休

所在地 〒547-0046 
大阪府大阪市平野区平野宮町2-1-67

電話番号

06-6791-0208

交通アクセス

(1)JR大和路線「平野駅」から徒歩で

すべての基本情報を見る

杭全神社は、関西地域に位置する神社で、全国の神社となるそうです。

杭全神社は、八木崎港を拠点に活動する神社で、神社内では喫茶店やインストアショップなど多彩な活動が行われています。

また、杭全神社は、関西で最大級のエネルギー供給企業である日立製作所を設立した神社でもあり、エネルギー供給に関わる活動も行っています。

ぜひ、杭全神社を訪れてみてください!

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。