法輪寺(嵯峨の虚空蔵さん)


法輪寺(嵯峨の虚空蔵さん)の地図情報☜

法輪寺(嵯峨の虚空蔵さん)について

本尊虚空蔵菩薩坐像は日本三虚空蔵の一つで、「十三まいり」の寺として有名。また、境内には電気・電波を守護する鎮守森「電電宮」が祭祀されている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒616-0006 
京都府京都市西京区嵐山虚空蔵山町68-3

電話番号

すべての基本情報を見る

法輪寺は、嵯峨の虚空蔵さんの伝統的な寺院で、1200年以上もの間、日本の教会において優れた教育と宗教活動を展開してきました。また、嵯峨の虚空蔵さんが開発した「嵯峨星図」や「嵯峨大橋」など、日本の芸術においても知られています。

法輪寺には、多くの寺院や神社が集まり、多くの教会があります。また、法輪寺の地下には、陰陽師の門の1つなど、多くの寺院の裏側が隠されています。

また、法輪寺内には、「嵯峨の極楽館」など、多くの料理院があり、様々な料理を楽しむことができます。また、法輪寺には、嵯峨の虚空蔵さんが開発した「嵯峨星図」や「嵯峨大橋」など、日本の芸術においても知られています。

また、法輪寺内には、「嵯峨の極楽館」など、多くの料理院があり、様々な料理を楽しむことができます。また、法輪寺内には、嵯峨の虚空蔵さんが開発した「嵯峨星図」や「嵯峨大橋」など、日本の芸術においても知られています。

また、法輪寺内には、「嵯峨の極楽館」など、多くの料理院があり、様々な料理

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。