垂水神社


垂水神社の地図情報☜

垂水神社について

神社名の「垂水」とは「崖から流れ落ちる水」を意味します。
千里丘陵南端に位置する境内は地形的に丘陵からの湧水が生じる場所で、当地を鎮座地とする垂水神は古くから水の神として信仰されました。孝徳天皇の御代、この地の領主である阿利真公(ありまのきみ)ご祭神である豊城入彦命(とよきいりひこのみことの子孫)が、干ばつに苦しむ難波長柄豊碕宮に懸け樋を作って当地から水を送り、その功績をたたえられ「垂水公」(たるみのきみ)の姓を賜り、垂水神社を創始しました。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒564-0062 
大阪府吹田市垂水町1丁目24-6

電話番号

06-6384-1526

交通アクセス

(1)阪急北千里線「豊津駅」より徒歩10分

すべての基本情報を見る

垂水神社は、関西地域の人気の神社です。垂水は、水を汲む器具である水神とされています。垂水神社では、神社内にある垂水泳池で水を楽しむことができます。この泳池は、水温が34℃を超えると満水になるようになっています。垂水神社は、関西地域の人気の神社です。垂水は、水を汲む器具である水神とされています。垂水神社では、神社内にある垂水泳池で水を楽しむことができます。この泳池は、水温が34℃を超えると満水になるようになっています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。