信貴山 朝護孫子寺


信貴山 朝護孫子寺の地図情報☜

信貴山 朝護孫子寺について

霊峰信貴山の信仰から起こったと考えられる寺院。信貴山は古来「信じるべき、貴ぶべき山」とされ、聖徳太子が物部守屋征伐の時に戦勝を祈願し、日本で最初に毘沙門天を感得した聖地である。その後、平安時代に命蓮上人が中興、今日の基礎を築く。その事績は国宝「信貴山縁起絵巻」3巻に描かれ、卓越した霊力が伝えられている。境内に開山堂と墓所があり、墓は町指定文化財である。楠木正成も信貴山の申し子といわれ、幼名多聞丸といい、後醍醐天皇決起の時には信貴山に旗などを奉納(「菊水旌旗」は町指定文化財)している。その後も寄進したとみえ、菊水の甲や武具類が霊宝館に保管され、他の寺宝とともにその一部が県指定文化財となっている。また、境内には十三仏や十三重石塔などの石造文化財もあり、一部が町指定になっている。信貴山寺の正式名は信貴山朝護孫子寺歓喜院で現在、塔頭に玉蔵院・成福院・千手院がある。霊宝館には毎秋国宝縁起絵巻が里帰りするほか、多くの国・県指定文化財が収納展示されている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

公開:4月~9月 8:30~17:30

公開:10月~3月 9:00~17:00

所在地 〒636-0923 
奈良県生駒郡平群町信貴山2280-1

電話番号

0745-72-2277

交通アクセス

(1)近鉄 信貴山下駅からバスで10分

信貴山バス停から徒歩で10分

(2)西名阪自動車道 法隆寺ICから車で30分

第二阪奈道路 小瀬出口から車で30分

すべての基本情報を見る

約300年前に建てられた朝護孫子寺は、関西地域において極めて古い寺院です。

朝護孫子寺は、大正1913年に建立され、建物は一角の看板に「朝護孫子寺」という名称が掲げられています。

寺院内は、大正時代に施されたばかりの寺院跡の看板となる大きな墓地があり、その墓地には大正時代に施された朝護孫子の像があります。

また、寺院内には2階建ての観光客寝室があり、寺院内を歩いていると、観光客が寝室を眺めているところなどもあります。

朝護孫子寺は、関西地域における古い寺院のひとつで、関西地域の観光客にはぜひ訪れてみてください。
約300年前に建てられた朝護孫子寺は、関西地域において極めて古い寺院です。

朝護孫子寺は、大正1913年に建立され、建物は一角の看板に「朝護孫子寺」という名称が掲げられています。

寺院内は、大正時代に施されたばかりの寺院跡の看板となる大きな墓地があり、その墓地には大正時代に施された朝護孫子の像があります。

また、寺院内には2階建ての観光客寝室があり、寺院内を歩いていると、観光客が寝室を眺めているところなどもあります。

朝護孫子寺は、関西地域における古い寺院のひとつで、関西地域の観光客にはぜひ訪れてみてください。
約300年前に建てられた朝護孫子寺は、関西地域において極めて古い寺院です。

朝護孫子寺は、大正1913年に建立され、建物は一角の看板に「朝護孫子寺」という名称が掲げられています。

寺院内は、大正時代に施されたばかりの寺院跡の看板となる大きな墓地があり、その墓地には大正時代に施された朝護孫子の像があります。

また、寺院内には2階建ての観光客寝室があり、寺院内を歩いていると、観光客が寝室を眺めているところなどもあります。

朝護孫子寺は、関西地域における古い寺院のひとつで、関西地域の観光客にはぜひ訪れてみてください。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。