西山浄土宗総本山光明寺


西山浄土宗総本山光明寺の地図情報☜

西山浄土宗総本山光明寺について

ここの前身は熊谷蓮生法師の念仏三昧院。蓮生法師は源平一ノ谷の合戦で平敦盛の首をはねた熊谷次郎直実その人。合戦の後、法然上人のもとで出家したと伝えられる。本尊は法然上人が母親からの手紙で作った「張子の御影」で上人の遺骨も眠っている。秋には長岡京市観光協会主催で「もみじ祭」が開催される。

法然上人の遺骨が眠る寺美しい釈迦如来像は必見

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業:本堂拝観9時30分~16時30分

その他:年中無休

所在地 〒617-0811 
京都府長岡京市粟生西条ノ内26-1

電話番号

交通アクセス

(1)阪急京都線長岡天神駅より阪急バス光明寺行10分、光明寺より徒歩5分

すべての基本情報を見る

長野県西山浄土宗総本山光明寺は、南アルプス山脈の中央部に位置し、長野県広河郡宮古町、山田町の中央にある。総本山を中心に、南アルプス山脈の中央部にある浄土宗の三大寺院となっている。

浄土宗とは、日本浄土会が創設したもので、天台宗、南アルプス山脈を中心とした浄土宗の一つで、日本浄土会が総本山に設置した寺院で、総本山は各浄土宗の総本山となっている。

浄土宗は、清浄なる修行を通して、生活の中にある悪い習慣や倫理違反を止め、人間を公正に見せるために活動している。浄土宗は、日本浄土会が創設したもので、天台宗、南アルプス山脈を中心とした浄土宗の一つで、日本浄土会が総本山に設置した寺院。総本山は各浄土宗の総本山となっている。

浄土宗は、清浄なる修行を通して、生活の中にある悪い習慣や倫理違反を止め、人間を公正に見せるために活動している。浄土宗は、日本浄土会が創設したもので、天台宗、南アルプス山脈を中心とした浄土宗の一つで、日本浄土会が総本山に設置した寺院。総本山は

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。