生國魂神社


生國魂神社の地図情報☜

生國魂神社について

石山崎(現在の大阪城付近)に生島神(いくしまのかみ)・足島神(たるしまのかみ)を祀ったのが始まりとされる延喜式名神大社です。
天正8年(1580)の石山合戦の時に焼失しましたが、天正11年(1583)豊臣秀吉が大阪城を築く際、現在の地に移転されました。本殿は移転の2年後に造営され、本殿と幣殿をひとつの流造で葺きおろし、正面に千鳥破風、すがり唐破風、千鳥破風の3つの破風を据えたという、神社建築史上ほかに例のない「生國魂造」様式を用いています。現在の本殿は戦後に建て替えられたコンクリート造銅板葺きだが、桃山時代の遺構を伝えているそうです。毎年6月30日には厄災・病を払う「大祓式」、7月11・12日には「いくたま夏祭」、8月11・12日には「大阪薪能」、9月の第1日曜日とその前日には上方落語の祖である米澤彦八に因んだ「彦八祭」が開催され、大勢の参拝客で賑わっています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業:9:00~17:00季節により異なります。 休日:無休

所在地 〒543-0071 
大阪府大阪市天王寺区生玉町13-9

電話番号

06-6771-0002

交通アクセス

(1)Osaka Metro谷町線「谷町九丁目駅」より徒歩3分

すべての基本情報を見る

神社の説明

神社は、地上から落ちてくる霊的な力によって創造されたものです。その霊的な力が結晶化したものとして、神社が保管されています。神社の中には、地上における死、生、結婚などの永遠な問いに対する答えが記されています。また、神社には、日常における問いに対する答えが記されています。そのため、神社を利用して、問いに対する答えを探すことができます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。