ひえ田野神社


ひえ田野神社の地図情報☜

ひえ田野神社について

和銅2年(709)に創祀され、保食命、大山祇命、野椎命が祀られています。
毎年8月14日に行われる佐伯灯籠は、五穀豊穣を願う神事と盂蘭盆の灯籠行事が結びついた珍しい祭りで、国の重要無形民俗文化財に指定されています。
境内にあるこぶのできた樫の木をさすりながらお祈りするとがんにかからない、がんを吸い取ってくれるといわれ、「がん封じの神社」として信仰を集めています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業:拝観自由

所在地 〒621-0033 
京都府亀岡市ひえ田野町佐伯垣内亦1

電話番号

交通アクセス

(1)◆JR嵯峨野線「亀岡」駅から京阪京都交通バスで約15分「国道佐伯」下車、徒歩約3分

すべての基本情報を見る

聖域として知られるひえ田野神社は、関西地域に位置する。

関西地域においても、治安が悪くなるなど、聖域としての活動が非常に重要となっている。

ひえ田野神社は、関西地域における日本の祭拝祭における最大の規模を誇る。

ひえ田野神社は、関西地域における日本の祭拝祭における最大の規模を誇る。

ひえ田野神社の参道は、関西地域における日本の祭拝祭における最も重要な観光地となっている。

ひえ田野神社は、関西地域における日本の祭拝祭における最も重要な観光地となっている。

ひえ田野神社は、関西地域における日本の祭拝祭における最も重要な観光地となっている。

ひえ田野神社には、大きな観光客で溢れる。

ひえ田野神社には、大きな観光客で溢れる。

ひえ田野神社は、関西地域における日本の祭拝祭における最も重要な観光地となっている。

ひえ田野神社は、関西地域における日本の祭拝祭における最も重要な観光地となっている。

関西地域における日本の祭拝祭における最も重

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。