西明寺


西明寺の地図情報☜

西明寺について

神護寺別院として建立、のちに自証上人が再興した。現在の建物は綱吉の生母桂昌院の寄進によるもの。紅葉の名所、三尾の一つとして名高い。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒616-8291 
京都府京都市右京区梅ケ畑槇尾町1

電話番号

075-861-1770

すべての基本情報を見る

約960年前に京都市木津川区に築かれた日本一の祭壇。奈良時代に引き継がれた道具として、境内で日本初のインドキリスト教会を建てたことでも知られている。

西明寺は、京都府木津川市の斜め横にある、聖堂の前を中心とした一覧。高さ約10mの城壁に明かりが無いため、夜間も見ることができない。

そのため、京都府木津川市の西区にある「出雲寺」と「西明寺」を訪れた際は、西明寺の方が木津川市のイメージが深い。

西明寺は、入口には大きな石像が建っている。石像は京都府木津川市の誇る芸術家、山本耕司の元作。山本耕司は、昭和24年に京都市内で死去。西明寺のそばには、山本耕司の追悼施設がある。

西明寺は、境内にはインドキリスト教会が2店舗あり、インドキリスト教を信じていない方も訪れることができる。

出雲寺と西明寺は、会計と開き壁の両側に小さな廊下があり、西明寺の方が斜めにある。

西明寺は、入口の下には、大きな寺院に入ることができる。寺院内には、天井にはインドキリスト教のイエス・キリストの仏壇があり、壁には、聖書の文字が書かれている。
西明寺は、関西地域でも極めて古く、約千年にわたり続く大型な寺院です。入口には、大きな木造の門があり、中には廊下に数多くの寺院の入口があり、西側には寺院の庭園が広がっています。

寺院内は、約三十座の高い塔があり、中央には大きな源氏物語の寺院があります。この寺院は、西側に廊下があり、左側には大きな祭壇があり、右側には天井があり、塔の上には天花板があります。

西明寺は、関西地域でも極めて古く、約千年にわたり続く大型な寺院です。入口には、大きな木造の門があり、中には廊下に数多くの寺院の入口があり、西側には寺院の庭園が広がっています。寺院内は、約三十座の高い塔があり、中央には大きな源氏物語の寺院があります。この寺院は、西側に廊下があり、左側には大きな祭壇があり、右側には天井があり、塔の上には天花板があります。

その他の特徴として、西明寺は、小さな寺院としては最大級の大寺院であること、大きな寺院の中央には大きな霊廟があること、寺院内には祭壇、塔、霊廟があることなどが挙げられます。また、西明寺は、関西地域でも一

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。