瑞龍寺(村雲御所)


瑞龍寺(村雲御所)の地図情報☜

瑞龍寺(村雲御所)について

日蓮宗で唯一の門跡由緒寺院(皇族・公家が住職を務める寺院)である。
開山は関白豊臣秀次公の生母、瑞龍寺殿日秀尼公で、高野山で割腹、非業の最期を遂げた我が子の菩提を弔うために文禄5年(1596)に京都に創建された。八幡山は豊臣秀次公が居城を築いた要害の地。昭和36年(1961)に寺は京都から八幡山城址に移築され、原形に復元竣工された。
ロープウェー山頂駅から地蔵道を行くと、村雲観音堂があり、山門を入って本堂の東側には金生稲荷がある。本丸のあった所に本堂があり、北の丸、出丸、西の丸へは遊歩道が通じている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観:9:00~16:00 16:30閉門 ※ロープウェー運休日は閉門

所在地 〒523-0828 
滋賀県近江八幡市宮内町19-9

電話番号

交通アクセス

(1)近江八幡駅からバスで7分 長命寺行=大杉町下車から徒歩5分→八幡山ロープウェーで山頂駅まで4分

タクシー/近江八幡駅から八幡山ロープウェーまで10分

すべての基本情報を見る

瑞龍寺は、関西地域で最古の仏教寺です。もともと、瑞龍寺は、瑞天皇が築き上げた寺です。瑞天皇が、瑞龍寺を建てたときに、大将たちとともに作られました。その後、多くの仏教寺が建てられ、瑞龍寺は、その中でも古い寺となります。仏教の教えを受け、みんなで楽しく暮らしていました。しかし、近代に入ると、瑞龍寺は、戦争によって大変な被害を受けました。その後、寺は再建され、今になります。瑞龍寺は、瑞天皇のもとで、大きな力を持っています。そのため、寺の壁には、大きな炎が描かれています。その炎は、仏教の神々を愛しているということを意味しています。仏教の寺では、みんなで、祈りを捧げ、力を合わせています。そのため、瑞龍寺は、力強い仏教を伝えています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。