北野天満神社


北野天満神社の地図情報☜

北野天満神社について

学問の神様で親しまれる菅原道真をお祀りする神社。1180年6月平清盛が京都から神戸に都を移し「福原の都」をつくるにあたって、京都北野天満宮より勧請して祀られたと伝えられており、古い歴史があります。以降、神社周辺の地域は「北野町」と呼ばれるようになりました。高台に位置し、見晴らしがとても綺麗です。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観:7:00~17:00

所在地 〒650-0002 
兵庫県神戸市中央区北野町3-12

電話番号

078-221-2139

交通アクセス

(1)三ノ宮駅から徒歩で15分

すべての基本情報を見る

神社について

神社は、日本の伝統的な信仰派の神社である。日本では、元々一神教の中で、三大神社として、岐阜県美祢市の天満神社が最も古く、中国では元々天宝国の国御神社として知られていた。

天満神社は、元々、豊穣の水源として知られていた。岐阜県美祢市にある天満神社は、元々、美祢市にある八王子廃墟の中に築かれたものである。

神社には、御神宮と深山寺があり、神社の境内には、御神宮の中には、美祢市の豊穣の水源を助けるために建てられた水源洞がある。

神社には、御神宮の中には、美祢市の豊穣の水源を助けるために建てられた水源洞がある。

神社には、御神宮と深山寺があり、神社の境内には、御神宮の中には、美祢市の豊穣の水源を助けるために建てられた水源洞がある。

御神宮には、神輿があり、神輿を持っている人は、神輿を使って、神社の中を走っているという伝説がある。

神社には、御神宮と深山寺があり、神社の境内には、御神宮の中には、美祢市の豊穣の水源を助けるために建てられた水源洞がある。

神社には、御神

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。