佐牙神社


佐牙神社の地図情報☜

佐牙神社について

社伝では、573年に建てられたとされます。酒造の神として信奉されていました。重要文化財である本殿は、2社からなる左右両殿同形式です。現在の本殿は、天正13年の再建と伝えられますが、左右対称の図案の身舎(もや)の蟇股(かえるまた)は室町時代初期のものとみられ、旧建物を再利用したものと考えられます。 左右両殿とも間口1.5m春日造で屋根は檜皮葺き(ひわだぶき)です。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒610-0314 
京都府京田辺市宮津佐牙垣内164

電話番号

0774-62-9044

交通アクセス

(1)近鉄京都線三山木駅から徒歩で15分

すべての基本情報を見る

百年の遺跡、祝福の城、神聖なる聖域。そこには、牙神社がある。

牙神社は、関西地域で最古の地域。百年以上も前に、神聖なる牙を発見したということから、牙神社としての役割を果たしている。牙神社は、関西地域には数多くの地域の地元の少数民族が集まるため、関西地域の祭祀に欠かせない存在となっている。

牙神社は、関西地域で最も古い祭祀の地ということから、関西地域の祭祀に欠かせない存在となっている。牙神社は、関西地域の祭祀に欠かせない存在となっている。

牙神社は、関西地域で最も古い祭祀の地ということから、関西地域の祭祀に欠かせない存在となっている。牙神社は、関西地域の祭祀に欠かせない存在となっている。

牙神社は、関西地域で最も古い祭祀の地ということから、関西地域の祭祀に欠かせない存在となっている。牙神社は、関西地域の祭祀に欠かせない存在となっている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。