法住寺


法住寺の地図情報☜

法住寺について

後白河法皇のお念持仏の身代不動明王を本尊とする古刹である。毎月第3日曜日には写経会(団体は予約が必要)が行われており、10時からお勤め、法話、写経があり、最後に精進料理を味わえるというものだ(開催時間10時~13時ごろ)。殺伐とした都会から逃げ出して、心を落ち着かせに来るのも良いだろう。

お勤め、法話、写経、京の古刹の写経会を体験

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業:拝観9時~17時(写経会10時~13時頃)

休業:写経会毎月28日休

その他:年中無休

所在地 〒605-0941 
京都府京都市東山区三十三間堂廻リ655

電話番号

交通アクセス

(1)京阪電鉄七条駅より徒歩10分

すべての基本情報を見る

法住寺は、埼玉県越谷市の西側にある寺院で、明治24年(1892)に建立された。寺院の中央には、高さ約8メートルの塔がある。寺院の基部は、旧埼玉宮殿と同様に、白金銅像が展示されている。法住寺は、埼玉県立歴史博物館の設立にあたり、1992年(昭和53年)に歴史的建造物として遺跡法により保存された。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。