円満院門跡


円満院門跡の地図情報☜

円満院門跡について

平安時代後期、村上天皇の第3皇子・悟円法親王の建立といわれ、歴代門主には皇族出身者が多くいます。京都御所から移築されたという宸殿は桃山時代の書院造りの重要文化財で、南側に広がる見事な庭園は相阿弥作といわれ国指定の名勝です。水子供養の寺としても知られ、大津絵の初期から現在までの作品を展示した大津絵美術館も併設されています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業時間:9:00~17:00

休業:無休

所在地 〒520-0036 
滋賀県大津市園城寺町33

電話番号

077-522-3690

交通アクセス

(1)京阪石山坂本線「三井寺駅」から10分

すべての基本情報を見る

院門跡は、関西地域では特に人気の観光地として知られています。関西では、満院門跡は、満月亭と並んで、人気の観光地の1つです。

満院門跡は、関西地域には数多くの観光スポットがあります。その中でも、満院門跡は、観光客から多くの評判を受けています。

また、満院門跡は、新鮮な水や食べ物、楽しい遊びのコンテンツなど、様々な観光スポットとして活用されています。ぜひ、満院門跡を訪れてみてください。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。