斑鳩寺


斑鳩寺の地図情報☜

斑鳩寺について

斑鳩寺は創建以来、法隆寺の別院でしたが、江戸時代以降は天台宗となり、今なお、「お太子さん」として近郷近在から広く信仰を集めています。
また、木造聖徳太子立像をはじめ、木造日光・月光菩薩立像など多くの重要文化財が残されています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒671-1561 
兵庫県揖保郡太子町鵤709

電話番号

交通アクセス

(1)JR網干駅から車で10分

(2)JR網干駅(バス停)からバスで8分

鵤(バス停)から徒歩で5分

すべての基本情報を見る

白鳩寺(しょうがくせん)は、関西地域にある、岩手県白鳩市にある、建物群の白鳩寺。国道287号線からは15分、白鳩市の白鳩駅からは5分のところに位置。天然石を使用した建物で、白鳩寺は、合計約21階の木造建物のうち、南側にある森林公園の中央に位置している。森林公園内には、湖、林、植物園、海の湖、鳥取県白鳩湖などがある。

白鳩寺は、平成27年(2002)10月4日に建てられた。平成28年(2003)1月1日から平成29年(2004)12月31日までは、日本国内で初めて、国際公開修復工事を行った寺である。国際公開修復工事にあたるためには、寺内の屋根部分に建てられた工事場が必要であり、寺内の地下室には、火山物質の圧力調査場、建物の構造物質の破壊試験場などがあり、工事中は寺内の地下室に高さ約2.5メートルの工事場が作られた。工事終了後は、寺内に回復建物として、平成30年(2005)3月に戸建て建てられた。

白鳩寺は、日本国内で初めて、国際公開修復工事を行った寺である。国際公

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。