中宮寺


中宮寺の地図情報☜

中宮寺について

中宮尼寺または斑鳩御所とも言われ、来歴深い門跡寺院である。本尊弥勒菩薩半跏像と天寿国曼荼羅繍帳を所蔵している。春には庭園に咲く、山吹の花が美しい。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観時間:10月1日~3月20日 9:00~16:00

拝観時間:3月21日~9月30日 9:00~16:30

所在地 〒636-0111 
奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺北1-1-2

電話番号

0745-75-2106

交通アクセス

(1)法隆寺駅から徒歩で15分

すべての基本情報を見る

宮寺は関西地域における一大都市であり、様々な観光地として知られています。

また、宮寺は、文化・歴史・文化遺産などを含む、多様な観光スポットとしても知られています。

その中でも、文化遺産の一つである関西大霊廟が特徴的です。

関西大霊廟は、11世紀に建立された大霊廟です。

その名の通り、関西大霊廟は、関西で最も古い大霊廟です。

大霊廟内には、多くの寺院や礼拝所などがあり、また、大霊廟内には、大量の霊像が展示されています。

大霊廟のほかに、関西では最も古い宮殿があります。

宮殿は、11世紀に建立されたもので、関西で最も古い宮殿です。

また、関西では、最も古い聖堂があります。

聖堂は、11世紀に建立されたもので、関西で最も古い聖堂です。

聖堂内には、多くの神像が展示されています。

その他にも、関西では、最も古い司馬家屋や最古い茶屋などがあります。

その他にも、関西では、最も古い銀行や最古い高級商店などがあります。

また、関西では、最も古い銀行の前で、赤い鳥の歌が流れるなど、様々な観

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。