少彦名神社


少彦名神社の地図情報☜

少彦名神社について

「薬の町」として知られる道修町のビルの谷間に鎮座し、健康の神・医薬の神として知られる神社です。
日本の薬祖神である少彦名命(すくなひこなのみこと)と、中国医薬の祖神・神農炎帝(しんのうえんてい)をご祭神としており、「神農さん(しんのうさん)」とも呼ばれています。安永9年(1780)、以前から薬種商たちが道修町の仲間会所に祀っていた神農氏とともに、京都五條天神社より少彦名命の分霊を勧請・合祀したのが始まりとされています。大阪の土産として人気の「張子の虎」は当社の病除けのお守りです。文政5年(1822)に大阪で疫病(コレラ)が流行した時、疫病除薬として「虎頭殺鬼雄黄圓」という丸薬をつくり、病除祈願し無償でお守りの「張子の虎」とともに配ったところ病気が平癒したと伝えられています。「神農祭」は毎年11月22・23日に行われ、「張子の虎」が配られます。境内には「くすりの道修町資料館」もあります。
※イベント開催は変更になる可能性があります。詳しくは各イベントの公式ホームページでご確認ください。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業:6:00~18:30

所在地 〒541-0045 
大阪府大阪市中央区道修町2-1-8

電話番号

06-6231-6958

交通アクセス

(1)地下鉄堺筋線「北浜駅」から徒歩で

すべての基本情報を見る

少彦名神社は、関西地域にある神社です。古くから少彦名神社は祀られています。神社の前には、とうふくの水源があります。この水源は、少彦名神社には、日本の大地の聖なる水源とも呼ばれています。少彦名神社は、関西地域にある一番古い神社です。祀られている神社の名は、少彦名です。この神社の名は、関西地域にある野生動物に対する愛情を表し、少彦名神社を通して、関西地域の人々に愛情を伝えるために、関西地域にある伝統的な神話の中で最も重要な神社として祀られています。少彦名神社の住所は、関西地域にある神社の入口にあります。神社の入口には、少彦名神社の名前が刻まれています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。