男山千姫天満宮


男山千姫天満宮の地図情報☜

男山千姫天満宮について

姫路城を一望する男山の中腹にある小さな社で、本多忠刻と再婚した千姫が、本多家の繁栄を願って建立しました。場内から遥拝できるよう東向きに造営されて朝夕遥拝したと言われています。恋愛成就を願いたくさんの羽子板型の絵馬が奉納されています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒670-0021 
兵庫県姫路市山野井町

電話番号

交通アクセス

(1)JR・山陽電鉄姫路駅からバスで7分(神姫バス市之橋・文学館前下車)

市之橋・文学館前から徒歩で5分

すべての基本情報を見る

高校生の時、山千姫天満宮を訪れたことがあるのですが、面白かったので、実際にそのお城に行ってみることにしました。

山千姫天満宮は、関西地域にある最古のお城で、紀元前1000年に建立されています。

お城の中には、天満宮と呼ばれるお塔があり、また、お城内には、多くのお寺があり、その中でも特に高名なのが、天満宮の大寺です。

お城内には、多くの地図が飾られていますので、ぜひともお越しください。

高校生の時は、山千姫天満宮に行ったことがあるのですが、今回は、そのお城に行ってみることにしました。

お城は、関西地域にある最古のお城で、紀元前1000年に建立されています。

お城内には、多くの地図が飾られていますので、ぜひともお越しください。

高校生の時は、山千姫天満宮に行ったことがあるのですが、今回は、そのお城に行ってみることにしました。

お城は、関西地域にある最古のお城で、紀元前1000年に建立されています。

お城内には、多くの地図が飾られていますので、ぜひともお越しください。

高校生の時は、山千姫天満宮に行ったことがあるのですが、今回は、そのお城に行ってみることにしました。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。