天神社(大阪府河内長野市)


天神社(大阪府河内長野市)の地図情報☜

天神社(大阪府河内長野市)について

天神社は、もと大梵天王社(だいぼんてんのうしゃ)ともいわれ、滝畑七ヶ村の氏神でした。
室町時代後期の永正、天文年間、および江戸初期の札が多数おさめられています。本殿前面にある蟇股(かえるまた:建築細部の一つで、上部の重みを支える役目をします。輪郭が蛙の脚のような形をしているのでこの名がつけられ、中世から次第に装飾化されていきました。)は、南北朝時代の様式を示していることから、本殿もこの時期の造立と考えられています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒586-0072 
大阪府河内長野市滝畑731

電話番号

交通アクセス

(1)南海高野線「河内長野駅」よりバスに乗り換え「滝畑ダム」下車 徒歩10分

すべての基本情報を見る

神社の様子

神社の形態

神社の名称

神社の設定

神社に関する考察

大阪府河内長野市の神社である大阪府河内長野市立大阪天神社は、大阪府河内長野市の河内長野区にある。大阪府河内長野市は、大阪府、京都府、兵庫県の三省以内に位置する。大阪府河内長野市の河内長野区には、神社が多数ある。大阪府河内長野市立天神社は、平成29年8月1日に天神社として発足した。神社の形態は、旧大阪府立天神社と同様で、八葉神社と白山神社とが並んだ三つの神社構造を有している。また、旧大阪府立天神社では、天神社と聖天神社とが並んだ三つの神社構造を有していたが、平成29年8月1日に天神社として発足した際、天神社と聖天神社との間に、新たに松原天神社が設置された。松原天神社は、平成29年11月1日に建立された。大阪府河内長野市立天神社では、天神社と聖天神社とが並んだ三つの神社構造を有しているが、平成29年8月1日に天神社として発足した際、天神社と聖天神社との間に、新たに松原天神社が

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。