胡宮神社


胡宮神社の地図情報☜

胡宮神社について

当社は敏達天皇の勅願とも言われ、多賀二座の一とも伝えられ、古くは青龍山頂の「磐座」崇拝にその起源をなしており、鎌倉時代には、天台宗敏満寺の鎮護の神として栄えた。48伽藍120坊の規模があり、浅井長政・織田信長の焼き討ちにあって衰退したが、1638年徳川家光により造営され復興を遂げた。三軒社流造りの県指定文化財。
 山腹には無数の石仏谷(国指定文化財)があり、それを下ると広大な宿坊舎跡が確認される。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒522-0342 
滋賀県犬上郡多賀町敏満寺49

電話番号

交通アクセス

(1)多賀大社前駅から徒歩で15分(近江鉄道)

すべての基本情報を見る

発祥は1592年のことで、神社の建立にあたった。

現在、神社内には聖堂という大きな建物があり、神社の前には花園が広がっている。

神社の周辺には、古くから慶應義塾大学、日本橋橋口公園、豊中市立博物館などがあり、また、東京メトロ日比谷線「神田駅」から徒歩5分、神奈川県豊中市にある橋本商店街「吉祥寺」から徒歩10分、神奈川県横浜市の「港区」にある「大阪橋」から徒歩15分で、神社には徒歩でそれぞれ15分ほどです。

日比谷線「神田駅」から徒歩5分、神奈川県豊中市にある橋本商店街「吉祥寺」から徒歩10分、神奈川県横浜市の「港区」にある「大阪橋」から徒歩15分で、神社には徒歩でそれぞれ15分ほどです。 神社内には、年中無休に開いている聖堂での新約聖書の解説など、多くの方にお越しいただけます。

神社内には、年中無休に開いている聖堂での新約聖書の解説など、多くの方にお越しいただけます。 神社には、慶應義塾大学、日本橋橋口公園、豊中市立博物館などの国立公園があります。

神社には、慶應義塾大学、

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。