方違神社


方違神社の地図情報☜

方違神社について

古くから境内の土や砂が悪い方位を祓う=方災除けの神として信仰を集め、いまも家の新築や転居の際の厄除け祈願に大勢の参拝者が訪れます。
崇神天皇8年(西暦前90)12月29日、勅願により創建されたと伝えられます。摂津・河内・和泉の三国の境の「三国山」と呼ばれる地(現:三国ヶ丘)にあり、奈良時代には人馬往来の要衝でした。また平安時代には熊野への参詣者が必ず立ち寄り、旅の安全を祈ったといわれています。どの国にも属さない、方位のない清地として、古くから境内の土や砂が悪い方位を祓う=方災除けの神として信仰を集め、いまも家の新築や転居の際の厄除け祈願に大勢の参拝者が訪れます。出かけなければならない方向が良くない時に、一度別方向に向かってから出かける方違い(かたたがい)の風習によって、お参りする人も多いです。毎年5月31日のちまき祭は故事にならい、菰(こも)の葉で包んだちまきが氏子らに配られます。
※イベント開催は変更になる可能性があります。詳しくは各イベントの公式ホームページでご確認ください。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒590-0021 
大阪府堺市堺区北三国ケ丘町2丁2-1

電話番号

072-232-1216

交通アクセス

(1)南海高野線「堺東駅」から徒歩で

すべての基本情報を見る

日本の神社においては、基本的に神社に参拝することはないとされています。しかし、なぜか関西地域には神社が多いようです。そのため、関西地域において神社違神社を知ることはお勧めです。

神社違神社については、神社に参拝することを禁止しているわけではありません。ただ、神社が違う場所にある場合、そこに参拝することは違法となる場合があります。

そのため、関西地域において神社違神社を知ることはお勧めです。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。