吾彦山大聖観音寺【あびこ観音】


吾彦山大聖観音寺【あびこ観音】の地図情報☜

吾彦山大聖観音寺【あびこ観音】について

百済の王から贈られた観音像を祀る古刹です。節分会には厄除開運を願う多くの人がお参りに来られます。
吾彦山大聖観音寺(あびこさんだいしょうかんのんじ)・通称あびこ観音は、日本最古の観世音菩薩の寺院です。その昔、この地に住んでいた依網吾彦(よさみのあびこ)の一族が、百済の聖明王から身の丈一寸八分(約8cm)の観音像を贈られ、欽明天皇7年(546)に寺を創建しました。その後、聖徳太子が観音菩薩のお告げを受け、吾彦山観音寺が建てられたと伝えられています。江戸時代には境内に36の支院があるほど隆盛をきわめましたが、明治14年(1881)の火災で多くの寺宝と共に焼失しました。その後、明治23年(1890)に再建されます。毎年2月3日の「節分厄除大法会」には「聖観音」が開帳され、厄除開運・無病息災・諸願成就を祈る人々で賑わいます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業:6:30~17:00

休業:無休

所在地 〒558-0014 
大阪府大阪市住吉区我孫子4-1-20

電話番号

06-6691-3578

交通アクセス

(1)JR阪和線「我孫子町駅」南東へ徒歩10分、Osaka Metro御堂筋線「あびこ駅」 徒歩5分

すべての基本情報を見る

辺境のあびこ観音寺は、辺境のあびこにある観音寺で、明治36年に建立されたものです。

観音寺内には、聖母マリアの墓と、主観的な観音像があります。

聖母マリアは、キリスト教徒であったマリア・ジュリエットによって、聖母の御名のために人類のために死ぬという命令を受け、教会に入ることができなかったマリア・ジュリエットの妹であるケリー・ジュリエットに捧げられました。

御墓にはマリア・ジュリエットの墓があります。

聖母マリアは、人類の救いと祈りの女神であり、人々の救いと平和のために死んだということを私たちに伝えてくれます。

聖母マリアの墓を見ると、想像以上に温かくて、深い祈りをすることができます。

聖母の御名をあげると、自分自身にも、聖母の御名を高める力があります。

聖母マリアの御名をあげると、自分自身の心の中で、祈りをしていくことができます。

聖母マリアの御名をあげると、自分の命にも、祈りをしていくことができます。

聖母マリアの御名をあげると、人々の命にも、祈りをしていくことができます。

聖母マリアの御名をあげると、あなた自身の御名を高める力があります。

聖母マリアの御名をあげると、あなたの死が、人々

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。