清水寺三重塔


清水寺三重塔の地図情報☜

清水寺三重塔について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒605-0862 
京都府京都市東山区清水一丁目294

電話番号

すべての基本情報を見る

清水寺三重塔は、関西地域にある三重塔で、日本の三重塔のひとつとも言われています。塔は、中世に建てられ、1987年には日本列島を越えたという旅行者の記念碑として日本国の文化遺産に登録されています。

塔の外観は、巨大な三角塔で、高さは118.8m、幅は27.3m、奥行きは27.3m、その上に立った三角樹に大きな境内があり、塔の内部は、中世には正教寺があったようですが、今は寺院があります。

塔には、鳥取県立清水寺という寺院があり、その寺院は、塔の上にある境内にある寺院です。

塔内には、外観がほとんどない清水寺三重塔の主要な寺院である清水寺三重塔の神社があります。清水寺三重塔の神社は、塔の内部にある寺院によって発見されたということで、塔の外観がほとんど変わっていないという特徴があります。

清水寺三重塔は、関西地域にある三重塔で、日本の三重塔のひとつとも言われています。塔は、中世に建てられ、1987年には日本列島を越えたという旅行者の記念碑として日本国の文化遺産に登録されています。

塔の外観は、巨大な三角塔で、高

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。