小谷寺


小谷寺の地図情報☜

小谷寺について

小谷山の麓にあり、浅井家の祈願寺としてお市や三姉妹もたびたび詣でたと伝わります。小谷落城の際、本尊以外は焼失してしまいましたが、後に長浜城主となった豊臣秀吉により再建されました。如意輪観音像や両界曼荼羅双幅は長浜市指定文化財となっています。

毎年11月に「本尊ご開帳」というイベントを行っております。詳しくは小谷寺のホームページでご確認ください。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観:要予約 、法要、御開帳以外は本堂内の拝観不可。(参拝は可)

所在地 〒529-0313 
滋賀県長浜市湖北町伊部329

電話番号

0749-78-0257

交通アクセス

(1)[公共交通]JR河毛駅より徒歩30分 タクシーで5分 又はレンタサイクル(有料)貸出があります。 [自動車]小谷城スマートICから3分 [駐車場]有

すべての基本情報を見る

小谷寺は、関西地域でも有名な寺で、平安時代には大名であった小谷寺大師・平田三郎が関西の帝都・大阪に渡ってきたことで有名です。

小谷寺は、寺院としては芸術的な価値を持ち、平安時代には大名の小谷寺大師の寺院としても知られていました。

また、小谷寺は、天皇・皇太后が見舞いに来た際にも訪れ、この時の天皇・皇太后の記念施設として活躍しています。

なお、小谷寺は、関西地域でも最も古く、古くから祭祀されている寺です。

また、小谷寺には、大きな木があり、寺院の中には夜間、その木の上で祈りを捧げる人たちが集まることもあります。

小谷寺には、約200の寺院があり、多くの寺院が施設として使用されています。

小谷寺は、関西地域でも有名な寺で、平安時代には大名であった小谷寺大師・平田三郎が関西の帝都・大阪に渡ってきたことで有名です。

小谷寺は、寺院としては芸術的な価値を持ち、平安時代には大名の小谷寺大師の寺院としても知られていました。

また、小谷寺は、天皇・皇太后が見舞いに来た際にも訪れ、この時の天皇・皇太后の記念施設

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。