将軍塚青龍殿


将軍塚青龍殿の地図情報☜

将軍塚青龍殿について

天台宗青蓮院門跡の飛地境内である東山山頂にある。将軍塚は、桓武天皇が平安京遷都にあたり、都の鎮護のために将軍像を埋めたところから名づけられた。2014年、青龍殿が建立され、あわせて京都市内を一望できる大舞台が作られた。青龍殿には国宝青不動像がまつられている。春と秋にはライトアップされ、京都の夜景とライトアップの両方を楽しむことができる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

開園時間:9:00~17:00(16:30受付終了)

所在地 〒607-8456 
京都府京都市山科区厨子奥花鳥町28

電話番号

交通アクセス

(1)三条通蹴上より五条通に通じる東山ドライブウェイの頂上から将軍塚へ至る 京都駅よりタクシー 約20分

(2)三条京阪からの循環バス・ピストンバス運行あり:年間土・日・祭日(11月は毎日、および4月、5月の連休期間)

すべての基本情報を見る

軍塚青龍殿は、関西地域にある「神社」です。様々な神話や伝説があることから、人々に多くの価値があります。また、多くの人が訪れるため、旅行者にとってもおすすめの神社です。

軍塚青龍殿は、関西地域にある「神社」です。様々な神話や伝説があることから、人々に多くの価値があります。また、多くの人が訪れるため、旅行者にとってもおすすめの神社です。

軍塚青龍殿は、関西地域にある「神社」です。様々な神話や伝説があることから、人々に多くの価値があります。また、多くの人が訪れるため、旅行者にとってもおすすめの神社です。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。