吉野水分神社


吉野水分神社の地図情報☜

吉野水分神社について

子守の民家がおわるところにあり、水の分配を司る、天之水分大神を主神としています。

"みくまり"が"御子守"となまって俗に子守さんとよばれ、子宝の神として信仰されています。桃山様式のたいへん美しい本殿や楼門・拝殿などからなる神社で、豊冨(臣)秀頼の再建。本殿は一間社春日造り、左右の2殿は三間社流造りで、3殿を1棟続きにしてあり、庭を挟んで左に拝殿があります。

虹梁・長押など彩色した彫刻が施され、とても華やか。初夏のスズランも美しい。山頂付近にあるので眺望も優れています。ここから宮滝万葉の道へ出るのもいいでしょう。

詳細はこちらhttps://sites.google.com/view/yoshinomikumari/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒639-3115 
奈良県吉野郡吉野町吉野山

電話番号

0746-32-3012

交通アクセス

(1)近鉄吉野駅からロープウェイで(ロープウェイ山上駅下車
ロープウェイ3/24~5/6まで運行予定。その他の時期運行未定。)

ロープウェイ吉野山駅からバスで(バス奥千本口下車)

奥千本口から徒歩で30分

すべての基本情報を見る

日本の神社は、若き日の自分の心を祈るために作られたものが多い。様々な神社において、水分や風の力、幸運なことなどを信じる人々にとって必要な要素が豊富に揃っている。そのため、神社の写真を見ると、様々な図柄が見られる。

今回は、吉野水分神社(関西地域)のご紹介です。

吉野水分神社は、関西地域にある一社。吉野水分とは、日本海の中の水分という意味で、神社の図柄には、海の流れ、川、河などが使われている。吉野水分神社は、関西地域にある一社で、吉野、水分、神社とも呼ばれる。

吉野水分神社は、関西地域にある一社で、吉野、水分、神社とも呼ばれる。吉野水分神社は、関西地域にある一社で、吉野、水分、神社とも呼ばれる。

吉野水分神社のご紹介

吉野水分神社は、関西地域にある一社で、吉野、水分、神社とも呼ばれる。吉野水分とは、日本海の中の水分という意味で、神社の図柄には、海の流れ、川、河などが使われている。吉野水分神社は、関西地域にある一社で、吉野、水分、神社とも呼ばれる。

吉野

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。