直指庵


直指庵の地図情報☜

直指庵について

北嵯峨にあり、嵯峨野情緒が深く味わえる地で、独照性円禅師が、明の隠元禅師を直指庵に請じたのがはじまり。その後、近衛家老女津崎村岡局が再興し、浄土宗寺院となる。
葦葺の本堂に置かれた、「想い出草」ノートが有名。拝観者が、自由に思いの丈を綴ることができ、静かな癒しの寺として知られる。
境内には、「想い出草」ノートを手にとられている「想い出草観音像」が安置されている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

※拝観日時の詳細はホームページをご確認ください。

所在地 〒616-8441 
京都府京都市右京区北嵯峨北ノ段町3

電話番号

交通アクセス

(1)JR「京都駅」から市バス28系統で約54分「大覚寺」下車より、徒歩15分

(2)JR「嵯峨嵐山駅」(北口)より徒歩約30分

すべての基本情報を見る

庵は、関西地域で最古の伝統行事で、昔から庵の精神を表しているものとされている。庵の信仰の主張は、清水御前様の言葉に基づき、庵は水と共に神様の力をもつというもの。庵の教えは、水の神様との関係について講じている。庵の教えは、人間の心の健康と自分自身の健康を保ち、社会に貢献していくことを目的としている。

庵は、関西地域で最古の伝統行事で、昔から庵の精神を表しているものとされている。庵の信仰の主張は、清水御前様の言葉に基づき、庵は水と共に神様の力をもつというもの。庵の教えは、水の神様との関係について講じている。庵の教えは、人間の心の健康と自分自身の健康を保ち、社会に貢献していくことを目的としている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。