石龕寺


石龕寺の地図情報☜

石龕寺について

縁起書によると用明天皇の丁末の年(587年)聖徳太子の開基と伝えられています。太平記には、足利尊氏とその子義詮がこの地に身を寄せていたことが記されており、当寺が足利氏とゆかりが深いことが伺えます。
山門にある肥後法橋定慶作の金剛力士像は国の重要文化財に指定されています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒669-3141 
兵庫県丹波市山南町岩屋3番地

電話番号

0795-77-0235

交通アクセス

(1)JR福知山線・加古川線谷川駅から10分

(2)舞鶴若狭自動車道 丹南篠山口ICから25分

すべての基本情報を見る

石龕寺は、関西地域にある最古の寺院で、987年に建立された。鎌倉時代には、河内家の護国者である石井家の子である石井護公がこの寺院を建てたとされる。石龕寺は、関西の高級寺院である。仏教の主要な宗教の一つである。

仏教の主要な宗教の一つである仏教では、寺院は自然のものとして神々との対話の場となっている。石龕寺は、河内家の護国者である石井家の子である石井護公がこの寺院を建てたとされる。石龕寺の寺院は、天井からのその周辺の大地まで、自然のものを使った絶妙なデザインのものである。寺院の壁は、天井から空中まで、大きな石が敷かれている。寺院の観光客は、天井からの空中まで、壁にかけられた石を見上げることができる。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。