長円寺(大阪府羽曳野市)


長円寺(大阪府羽曳野市)の地図情報☜

長円寺(大阪府羽曳野市)について

長円寺は1769年(明和6年)に一度焼失し、寛政時代に再建されたが、1801年(享和元年)4月には無住の状態に陥っていた。現在の本堂の原型は、寛政再建時の本堂を1832年(天保3年)に改築したもので、今も歴史の物語を感じることができる。また、観音堂には、重要文化財の木造十一面観音立像が安置されている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒583-0852 
大阪府羽曳野市古市1丁目4-16

電話番号

072-956-8917

交通アクセス

(1)近鉄南大阪線「古市駅」より徒歩3分

すべての基本情報を見る

大阪府羽曳野市にある長円寺は、大阪府羽曳野市内にある一番古い寺である。長円寺の建造は1168年に基づいた。寺内には、大阪府羽曳野市内にある長円寺主要な各種建築物の全体像が写されている。また、寺内には、大阪府羽曳野市内にある長円寺の町並みが写されている。長円寺は、大阪府羽曳野市にある国立博物館や大阪府立博物館、国立歴史民俗博物館、国立美術館、大阪市立芸術劇場などの公共施設と共に、公共施設内の観光施設として活躍する。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。