屯倉神社


屯倉神社の地図情報☜

屯倉神社について

枝垂れ梅が有名である屯倉神社は、天慶5年(942)に菅原道真を祭神として創祀されたと伝えています。
当地にはもともと、天穂日命を祀る穂日の社があり、同社は、のち依羅三宅天満宮ともよばれるようになりました。
本殿には神像として菅原道真像が安置されています。総高99.7cm、総幅128.3cm、膝張78cmの等身大です。
体部は近世の作ですが、挿首形式の頭部は南北朝時代の古様を示しています。
 天神信仰の広がりにつれ、屯倉神社には道真に関わる伝承品が多く残されています。
近世の近衛信尋自画賛の渡唐天神像、後陽成天皇の手になるという菅原道真画像、近衛基煕筆の「南無天満大自在天神」名号などは代表的なものです。
伊勢神楽講の獅子舞が秋の例大祭にあわせ各家庭をお祓いして回った後、毎年10月1日に境内で舞と芸を披露します。
毎年、2月下旬から3月上旬に「梅まつり」が開かれ、参拝客がお茶席などを楽しみ、境内が賑わいます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒580-0046 
大阪府松原市三宅中4-1-8

電話番号

072-331-2510

交通アクセス

(1)近鉄南大阪線河内松原駅から20分

すべての基本情報を見る

屯倉神社は関西地域にある神社で、山をベースにしたデザインが特徴。

関西地域では、山と海が融合した環境が多いため、屯倉神社は海と山の融合がテーマの神社です。

屯倉神社では、海と山が融合したデザインの神社です。

屯倉神社には、海と山が融合したデザインの神社です。

屯倉神社は、関西地域にある神社で、山をベースにしたデザインが特徴。

関西地域では、山と海が融合した環境が多いため、屯倉神社は海と山の融合がテーマの神社です。

屯倉神社では、海と山が融合したデザインの神社です。

屯倉神社は、関西地域にある神社で、山をベースにしたデザインが特徴。

関西地域では、山と海が融合した環境が多いため、屯倉神社は海と山の融合がテーマの神社です。

屯倉神社では、海と山が融合したデザインの神社です。

屯倉神社は、関西地域にある神社で、山をベースにしたデザインが特徴。

関西地域では、山と海が融合した環境が多いため、屯倉神社は海と山の融合がテーマの神社です。

屯倉神社で

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。