国王神社


国王神社の地図情報☜

国王神社について

南帝陵の下、河原近くにある国王神社には、長慶天皇をお祭りしており、「国王神社」の神額は大久保利通公の揮毫(きごう)になるものです。 例祭は、毎年古例に則り行われ、祭りは上野地より境内に武者行列をつくって練り込み礼式を挙げます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒637-1103 
奈良県吉野郡十津川村上野地

電話番号

交通アクセス

(1)大和八木駅から185分

月谷口から10分

すべての基本情報を見る

世界遺産「国王神社」は、関西地域に位置する国王神社である。国王神社は、日本の歴史上、最も古くは明治時代に築かれ、現在では第六代国王様に就任した際に設立された国王神社である。国王神社は、宮廷時代に使用された歴史的な建物である。世界遺産に格付けされた国王神社は、国王様の立場からも特に重要な神社である。国王神社は、関西で最も古く、最も大きな神社である。関西地域に位置する国王神社は、宮廷時代に使用された歴史的な建物である。世界遺産に格付けされた国王神社は、国王様の立場からも特に重要な神社である。国王神社は、関西で最も古く、最も大きな神社である。
世界遺産「国王神社」は、関西地域に位置する国王神社である。国王神社は、日本の歴史上、最も古くは明治時代に築かれ、現在では第六代国王様に就任した際に設立された国王神社である。国王神社は、宮廷時代に使用された歴史的な建物である。世界遺産に格付けされた国王神社は、国王様の立場からも特に重要な神社である。国王神社は、関西で最も古く、最も大きな神社である。関西地域に位置する国王神社は、宮廷時代に使用された歴史的な建物である。世界遺産に格付けされた国王神社は、国王様の立場からも特に重要な神社である。国王神社は、関西で最も古く、最も大きな神社である。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。