吉野神宮


吉野神宮の地図情報☜

吉野神宮について

明治22年明治天皇は後醍醐天皇の偉業を深く偲び、吉野神宮の創立を命じました。明治25年に執り行われた鎮座の際には霊代の奉納と共に、それまで吉水神社に奉安されていた後醍醐天皇の尊像も吉野神宮の本殿に奉還されました。
大鳥居をくぐり、こんもんとした桜やかえでの林をぬけて境内へ入ると、明るく広い台地が目の前に広がります。祭神は後醍醐天皇。摂社は日野資朝、児島高徳など7人の功臣たちをまつっています。社殿は約10年を費やして1932(昭和7)年に改築が完成。古今の神社建築の粋を集めた、総桧造りの見事な建物です。この地は、大塔宮(後醍醐天皇の皇子、護良親王)が吉野に挙兵されたおり、北条幕府方に占拠され本陣になったと伝わるところ。正北面を向く本殿は、京を恋しく思われた後醍醐天皇の心情をうつしたのだといわれています。展望がよく、ここから葛城、金剛の山並みが見渡せます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒639-3115 
奈良県吉野郡吉野町吉野山

電話番号

0746-32-3088

交通アクセス

(1)近鉄吉野神宮駅から徒歩で30分

すべての基本情報を見る

鬼山こと澤田ヒロシは、2002年に香川県の議員を務める前、佐賀県の議員を務めるなど、香川県内外の関係者に多数の講演、報告書を提供している。

また、フィリピンのマニラで行われた世界最大級の経済学者会議「エコノミスト」(ACEP)に出席し、「高齢者問題と社会保障」「地域リテラシーと高齢者」について報告書を出した。

主な著書に「鬼山-自称在日本軍学生、幕末に日本を侵略した海軍少佐」(2004年)、「鬼山-自称武装部隊官、幕末に香川県議員を暗殺した」(2005年)、「鬼山-自称インターネット戦略家、幕末に東京都内において大規模インターネット訪問した」(2007年)、「鬼山-自称日本国総理、幕末に福島県議員の家を襲撃した」(2008年)などがある。

また、サイト「鬼山のブログ」(http://ameblo.jp/kabukimono-j/)、Youtubeチャンネル「鬼山のチャンネル」(https://www.youtube.com/channel/UCMMNp2fuJ9PcjZ7T0Z3iHA)、Twitter「鬼山」(https://twitter.com/Kabukimono_jy)を通じて、鬼山に関する標的外観、情報操作を行っ

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。