亀山御坊本徳寺


亀山御坊本徳寺の地図情報☜

亀山御坊本徳寺について

本願寺8代目の宗主で中興の祖蓮如上人を開基とする浄土真宗本願寺派の寺。2万平方mの境内に本堂・大広間蓮如堂・書院・庫裡など26棟もの建物が残る。西本願寺から移設された本堂の柱には新撰組が屯所として使っていた頃の刀傷が残る。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

休業:無休

公開:9:00~16:00

所在地 〒670-0973 
兵庫県姫路市亀山324

電話番号

079-235-0242

交通アクセス

(1)姫路駅から列車で5分(山陽電車)

亀山駅から徒歩で5分

(2)姫路南ICから車で3分

すべての基本情報を見る

建築家・御坊本徳寺の関連記事

御坊本徳寺は、岐阜県下関市にある寺院で、明治10年(1889年)に建立された。

寺院は、洞窟内に建つもので、建物の真下には地下室があり、ここには御坊本の寺院である御坊本徳寺本堂がある。

寺院内には、御坊本徳寺本堂の寺院内にある寺院裏側にある御坊本徳寺裏堂もある。

御坊本徳寺は、岐阜県下関市にある寺院で、明治10年(1889年)に建立された。

寺院は、洞窟内に建つもので、建物の真下には地下室があり、ここには御坊本の寺院である御坊本徳寺本堂がある。

寺院内には、御坊本徳寺本堂の寺院内にある寺院裏側にある御坊本徳寺裏堂もある。

御坊本徳寺は、岐阜県下関市にある寺院で、明治10年(1889年)に建立された。

寺院は、洞窟内に建つもので、建物の真下には地下室があり、ここには御坊本の寺院である御坊本徳寺本堂がある。

寺院内には、御坊本徳寺本堂の寺院内にある寺院裏側にある御坊本徳寺裏堂
建築家・御坊本徳寺の関連記事

御坊本徳寺は、岐阜県下関市にある寺院で、明治10年(1889年)に建立された。

寺院は、洞窟内に建つもので、建物の真下には地下室があり、ここには御坊本の寺院である御坊本徳寺本堂がある。

寺院内には、御坊本徳寺本堂の寺院内にある寺院裏側にある御坊本徳寺裏堂もある。

御坊本徳寺は、岐阜県下関市にある寺院で、明治10年(1889年)に建立された。

寺院は、洞窟内に建つもので、建物の真下には地下室があり、ここには御坊本の寺院である御坊本徳寺本堂がある。

寺院内には、御坊本徳寺本堂の寺院内にある寺院裏側にある御坊本徳寺裏堂もある。

御坊本徳寺は、岐阜県下関市にある寺院で、明治10年(1889年)に建立された。

寺院は、洞窟内に建つもので、建物の真下には地下室があり、ここには御坊本の寺院である御坊本徳寺本堂がある。

寺院内には、御坊本徳寺本堂の寺院内にある寺院裏側にある御坊本徳寺裏堂

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。