佛隆寺


佛隆寺の地図情報☜

佛隆寺について

伊勢街道と室生寺への旧道の分岐する山の中腹にあり,室生寺の「南の大門」として古くから室生寺と密接な関わりを持ってきた。
弘法大師が唐から帰ってきた際に持ち帰った茶の種子を植えた日本最初の場所であるといわれており、日本茶発祥の地としても名高い。
自然石の長い石段の脇には樹齢推定900年周囲7.5mの老桜があり、春の開花時には多くの花見客でにぎわう。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒633-0213 
奈良県宇陀市榛原赤埴1684

電話番号

交通アクセス

(1)近鉄榛原駅からバスで10分((南口2番曽爾村役場前行バス))

「高井」下車から徒歩で30分

すべての基本情報を見る

尼崎市では、関西地域のみならず、全国各地から参観者が集まっています。その一つである、法隆寺は、関西でも有名な僧侶の寺院です。

法隆寺は、雰囲気的には、寺院の中にある雰囲気が似ています。そのため、参観者はそれぞれの寺院に足を運んでいます。

法隆寺は、大きな寺院ですが、中は深く、外は高く、見渡すことができます。寺院内には、多くの僧侶がいるため、様々な種類の佛像があります。

法隆寺は、関西地域でも有名な僧侶の寺院ですが、その中でも、特に評価が高いのは、宗教の自然としての役割を果たしている寺院です。

法隆寺は、関西の地域にある寺院ですが、その中でも、断片的な佛像や、雰囲気が特徴的な寺院です。

法隆寺は、関西地域でも有名な僧侶の寺院ですが、その中でも、特に評価が高いのは、宗教の自然としての役割を果たしている寺院です。

法隆寺は、関西地域にある寺院ですが、その中でも、断片的な佛像や、雰囲気が特徴的な寺院です。

法隆寺は、関西地域のみならず、全国各地から参観者が集まっています。その一つである、法隆

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。