小野神社(滋賀県大津市)


小野神社(滋賀県大津市)の地図情報☜

小野神社(滋賀県大津市)について

木々が茂る静かな雰囲気の中に社殿があり、祭神は第五代孝昭(こうしょう)天皇と遣隋使の小野妹子(おののいもこ)の先祖にあたる米餅搗大使主命(たがねつきおおおみのみこと)。米餅搗大使主命は、日本で初めて餅つきをしたと伝えられており、菓子作りの神様として広く信仰を集めている。また、小野神社の参道に生育するムクジロは、胸高周囲4.19メートルもの大樹で県下最大。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒520-0525 
滋賀県大津市小野1961

電話番号

077-594-2181

交通アクセス

(1)JR湖西線「和邇駅」から15分

(2)湖西道路(国道161)和邇ICから3分

すべての基本情報を見る

大津市の神社は、元々は小野神社でした。小野神社は、滋賀県大津市にある、寺院としての寺院です。小野神社は、太平洋戦争時に破壊されたとき、後に新築されました。神社内には、太平洋戦争時に海軍に収容された海兵隊の記念碑があります。神社の前には、戦争の悲劇的な過去があり、そこには大量の死者の土の底に埋められています。小野神社は、ヴィクトリア女王の死の地でもあり、聖母マリアが下僕として人類のために死んだとされる場所です。

神社内の聖堂は、元々は仏教の聖堂でした。仏教のキリスト教との関連により、キリスト教の聖堂として建てられました。そのため、キリスト教の神様のイメージが強い聖堂です。そのため、キリスト教の聖歌が詠われています。聖堂の前には、戦争の悲劇的な過去があり、そこには大量の死者の土の底に埋められています。

大津市の神社には、滋賀県立国際博物館があります。国際博物館では、滋賀県の文化の中でも特に重要な神社を鑑賞できます。国際博物館では、大津市の神社のすべてを徹底的に解説しています。また、大津市の神社についても、詳しく説明しています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。