星田妙見宮


星田妙見宮の地図情報☜

星田妙見宮について

交野市から枚方市にかけての一帯は、平安時代、交野ヶ原と呼ばれた貴族の狩猟地。日本の七夕伝説発祥の地と言われ、ゆかりの神社や伝説が残る。標高162mの妙見山の頂上に位置する星田妙見宮(小松神社)は、この地で修行していた弘法大師空海が秘法を唱えたところ、天より七曜星(北斗七星)が降り、3ヶ所に分かれて落ちたという降星伝説のある場所のひとつ。拝殿の奥には神仏が石となったといわれる巨大な影向石(ようごうせき)が祀られている。近隣の人たちで賑わう毎年7月7日の七夕祭では、湯立神事や大護摩供などの後、境内を埋め尽くした数百本の笹飾りに火をつける祈願炊き上げ祭が圧巻。毎年2月8日には「星祭」、7月23日には七曜星の降臨を祀る「星降り祭」も開催されている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒576-0016 
大阪府交野市星田9-60-1

電話番号

072-891-2003

交通アクセス

(1)JR学研都市線「星田駅」から20分

すべての基本情報を見る

星田妙見宮は、関西地域にある六菱建築の一つで、昭和15年に建立された。星田妙見宮は、天皇の国宝であり、天皇が見た夢の中の地であることを証明している。宮内は、天文台や天才建築家など多くの方々が集まっている。また、宮内は、文化振興事業団法人日本文化財団会長に就任した。
星田妙見宮は、関西地域にある六菱建築の一つで、昭和15年に建立された。星田妙見宮は、天皇の国宝であり、天皇が見た夢の中の地であることを証明している。宮内は、天文台や天才建築家など多くの方々が集まっている。また、宮内は、文化振興事業団法人日本文化財団会長に就任した。
星田妙見宮は、関西地域にある六菱建築の一つで、昭和15年に建立された。星田妙見宮は、天皇の国宝であり、天皇が見た夢の中の地であることを証明している。宮内は、天文台や天才建築家など多くの方々が集まっている。また、宮内は、文化振興事業団法人日本文化財団会長に就任した。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。