黄檗山萬福寺


黄檗山萬福寺の地図情報☜

黄檗山萬福寺について

禅師は中国明朝時代の臨済宗を代表する僧で、中国福建省福州府福清県にある黄檗山萬福寺のご住職をされていました。その当時、日本からの度重なる招請に応じ、63歳の時に弟子20名を伴って1654年に来朝されました。宇治の地でお寺を開くにあたり、隠元和尚は寺名を中国の自坊と同じ「黄檗山萬福寺」と名付けました。
その後、幕府の政策等により、宗派を黄檗宗と改宗し現在に至ります。日本でいう「禅宗」は、臨済宗、曹洞宗、黄檗宗の三宗に分類されています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観時間:9:00~17:00

その他:※入山受付・売店・朱印状は16:30まで

所在地 〒611-0011 
京都府宇治市五ヶ庄三番割34

電話番号

交通アクセス

(1)JR奈良線「黄檗」下車 徒歩5分 京阪宇治線「黄檗」駅下車 徒歩5分

(2)■「滋賀方面」からの場合・・・京滋バイパス「宇治東」ICから5分

(3)■「大阪方面」からの場合・・・京滋バイパス「宇治西」ICから10分

すべての基本情報を見る

黄檗山萬福寺は、関西地域においても一流の寺院です。建物は、13世紀に建てられ、長さ約260メートル、幅約40メートル、奥行き約50メートルです。

黄檗山萬福寺の寺院内には、各種の聖器や神器が数多くあります。また、寺院内には、萬福寺の原点にある大山、檗山、桜山、桜林があり、様々な植物や動物が生息しています。

黄檗山萬福寺は、関西地域においても一流の寺院です。建物は、13世紀に建てられ、長さ約260メートル、幅約40メートル、奥行き約50メートルです。

黄檗山萬福寺の寺院内には、各種の聖器や神器が数多くあります。また、寺院内には、萬福寺の原点にある大山、檗山、桜山、桜林があり、様々な植物や動物が生息しています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。