刺田比古神社


刺田比古神社の地図情報☜

刺田比古神社について

通称岡の宮。地元岡の里の氏神で1000年以上の歴史がある。ここは頼宣が和歌山城に入城して以来城の守り神となり、5代藩主吉宗が生まれた時には神主が拾い親となった。吉宗の出世にあやかって「開運の神様」としても知られ全国からたくさんの人が訪れる。また境内には「岡の里古墳」もあり見学無料だ。

和歌山城の守り神「開運の神様」で有名

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業:参拝自由

所在地 〒640-8139 
和歌山県和歌山市片岡町2-9

電話番号

交通アクセス

(1)JR阪和線和歌山駅より和歌山バス海南行10分、県庁前より徒歩7分

すべての基本情報を見る

全国でも有数の神社が存在するが、関西地域には様々な神社が存在する。その中でも、先日紹介した「西宮寺」と「東宮寺」の2つが、神社史上最も古く、そして最も歴史的に重要な神社となっている。

その西宮寺と東宮寺について、今回は、それぞれの様子を中心に紹介していきたい。

西宮寺は、1185年に建立された神社で、関西地域に限らず幅広い層に認められている。霊廟、墓地、清水寺など、多くの場所がある。

神社の中でも、特に古くから祈りを捧げてきた寺院である。今も、各地で祈りを捧げている。

また、西宮寺は、関西でも最も古く、最も多くの歴史的な墓地がある神社である。墓地は、第1次大戦中、日本軍の手下によって焼身自殺された人々を対象とした墓碑が数多く設置されている。

また、西宮寺は、関西でも最も古く、最も多くの歴史的な墓地がある神社である。墓地は、第1次大戦中、日本軍の手下によって焼身自殺された人々を対象とした墓碑が数多く設置されている。

また、西宮寺は、関西でも最も古く、最も多くの歴史的な墓地がある神社

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。