来迎寺(守口市)


来迎寺(守口市)の地図情報☜

来迎寺(守口市)について

さまよう幽霊も、この寺に足跡を残して成仏したといわれています。鎌倉時代より人々の信仰を集める寺です。
来迎寺(らいこうじ)は、融通念仏宗中興法明上人の弟子・実尊上人によって、正平2年(1347)佐太派の本山として守口市来迎町に建立されました。本尊は天筆如来(阿弥陀・観音・勢至の三尊のみ影)です。同寺の独特の相続法により、300年余の中で住職が変わるたびに26回も所在地を移していましたが、延宝6年(1678)に現在の佐太中町に移転し、現在に至ります。来迎寺に伝わる「絹本著色八幡曼荼羅図」は国指定重要文化財で、他に境内裏の「石造十三重塔」は大阪府指定有形文化財です。また、寛保3年(1743)に寺に現れた女性の幽霊の足跡がついた座具もあり、お寺の法要に合わせて公開されています。後村上天皇の勅願所であり、今なお大方丈に「玉座」が残されています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒570-0002 
大阪府守口市佐太中町7-11-17

電話番号

06-6901-0336

交通アクセス

(1)京阪バス「佐太天神前」から徒歩で

すべての基本情報を見る

迎寺は、守口市にある寺院で、明治11年に建立された。寺院の建物は、三峡大橋を超えて海を越えて風光ある構造である。

迎寺は、守口市の県道8号線に位置しており、市内のすべての商店、館、ホテルなどを探すには十分な便利さを持っている。また、迎寺には、守口市の観光施設や施設を利用した商務施設なども数多くあり、様々な施設を利用することができる。また、迎寺は、守口市内でも最も古い寺院であり、明治から現在に至るまで、多くの寺院との抗争によって有名な寺院である。

迎寺は、守口市内でも最も古い寺院であり、明治から現在に至るまで、多くの寺院との抗争によって有名な寺院である。

迎寺は、守口市内でも最も古い寺院であり、明治から現在に至るまで、多くの寺院との抗争によって有名な寺院である。迎寺は、守口市内の観光施設や施設を利用した商務施設なども数多くあり、様々な施設を利用することができる。また、迎寺は、守口市内でも最も古い寺院であり、明治から現在に至るまで、多くの寺院との抗争によって有名な寺院である。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。