河合寺


河合寺の地図情報☜

河合寺について

溢れる自然を体感できる長野公園の河合寺地区内に位置し、周辺は桜やアジサイの名所。643年、皇極天皇が蘇我入鹿に命じて建立させたのが、寺の始まりと伝えられている。往時には塔頭24坊があり、観心寺・金剛寺と並び河内三大寺と呼ばれる程だった。南北朝時代には楠木氏をはじめ南朝方の崇敬を受けるが、正行(まさつら)の戦死後、兵火に遭い焼失。その後、織田信長に寺領を没収されて、寺運が衰えた。のちに豊臣秀頼や狭山藩主北条氏が再興を試みるが、以前の隆盛はみられなかったという。木造多聞天立像、木造持国天立像、木造千手観音など、平安期の5体の仏像は国指定重要文化財。平成2年には付近に「アジサイ園」が完成し、多くの人が訪れる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒586-0052 
大阪府河内長野市河合寺

電話番号

0721-62-2772

交通アクセス

(1)南海高野線・近鉄長野線「河内長野駅」から徒歩20分

すべての基本情報を見る

その他の河合寺情報

河合寺は、関西地域では最も古く、唯一の寺院である。西洋権威の世界遺産に認定され、国際的な歴史的側面もある。

河合寺は、東京都港区の中心にある。長さは、六十三メートル。寺院内には、大きな塔、四隅にある不動産売却場、新宿区河合町の中央にある大観音像、四隅にある御所、五隅にある河合寺院前にある宗教施設などがある。

河合寺は、明治50年に建立された。その後、昭和13年に大観音像が建てられ、中央寺院として、日本一の観光名所となった。

河合寺の寺院内は、国指定の地域の中でも、最古である。関西地域における、寺院の厳選となった。

河合寺は、日本で最も古い寺院である。建立から500年以上が経ち、多くの寺院とは違い、その歴史に深く貢献している。

河合寺は、関西地域の中でも、最古である。建立から500年以上が経ち、多くの寺院とは違い、その歴史に深く貢献している。

河合寺は、大観音像で有名な寺院である。大観音像は、日本

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。