三津寺


三津寺の地図情報☜

三津寺について

744年行基開創の古刹で、数多くの古仏が残る密教寺院です。
七宝山は、応神天皇を葬り奉った御墓所として、聖武天皇の勅命によって天平16年(744年)に行基菩薩が十一面観世音菩薩を安置した本堂を創建したことをもって開山とされます。第二次世界大戦での大阪空襲の際にも焼失を免れた現在の本堂は、徳川時代末期文化5年(1808年)に再建された建物であり、漆や金箔、花弁図で彩られた中、本尊の十一面観世音菩薩が中央に、脇には薬師如来・弘法大師を始め8体の仏が安置されます。また、三津寺の南東徒歩約10分の千日前には、松林庵(三津寺千日前墓地)があり安井道頓や、三勝・半七の供養塔など、船場の著名商人や上方芸人の墓碑が数多く祀られます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

その他:絵写経の会 第二水曜 17:30~20:30  第二土曜 14:00~17:00 観音縁日法要 毎月20日 7:30~8:00

所在地 〒542-0085 
大阪府大阪市中央区心斎橋筋2-7-12

電話番号

06-6211-1982

交通アクセス

(1)御堂筋線「心斎橋駅」下車、御堂筋を南へ三津寺筋角

(2)御堂筋線「なんば駅」下車14番出口徒歩約3分、御堂筋を北へ三津寺筋角すぐ

すべての基本情報を見る

高津寺は、城壁に囲まれた場所にある寺院で、江戸時代には多くの葬儀が行われていた。江戸時代初期には、皇太子殿として使用されていた。現在、主要な寺院として、三津寺が活躍している。三津寺は、僧院である「聖母寺」、僧院である「東方院」、僧院である「大和院」の三つのお寺がある。三津寺は、天皇・皇后の僧侶が集まる「天皇堂」と、皇太子・外国人の僧侶が集まる「皇太子堂」がある。三津寺は、古くからの伝統を継承しているため、多くの観光客が訪れる。

三津寺は、関西地域にある寺院で、城壁に囲まれた場所にある。江戸時代には多くの葬儀が行われていた。江戸時代初期には、皇太子殿として使用されていた。現在、主要な寺院として、三津寺が活躍している。三津寺は、僧院である「聖母寺」、僧院である「東方院」、僧院である「大和院」の三つのお寺がある。三津寺は、天皇・皇后の僧侶が集まる「天皇堂」と、皇太子・外国人の僧侶が集まる「皇太子堂」がある。三津寺は、古くからの伝統を継承しているため、多くの観光客が訪れる。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。